髪の毛タオルドライのゴシゴシは究極のNGだった!

美髪を手に入れるためには開放感に浸っているばかりではいられません。

トリートメントやコンディショナーをつけることも忘れてはならないのです。

髪の毛にトリートメントやコンディショナーをつけよう

美しい髪の毛を手に入れるためには、髪の毛に栄養をあげたりいたわってあげたりする必要があります。
そうでもなければ髪の毛だって言うことを聞いてはくれません。

シャンプーを終えた後は、トリートメントやコンディショナーをつけましょう。

もちろんお風呂の中でですが、じっくりとなじませてあげてください。
なおつけっぱなしにするわけにもいきませんから、数分間髪の毛になじませ終えたらちゃんとぬるま湯ですすぎます。

アウトバス用のトリートメントも忘れてはいけない

お風呂から上がったら、アウトバス用のトリートメントをつけることとなります。
髪の毛がドライヤーの熱でダメージを受けないためのものですから、お風呂から上がってからつけるのです。

ドライヤーから吹き出す熱風は温度が結構高いもので、髪の毛へのダメージは計り知れません。
最低限のダメージのさえるためにもつけることがオススメです。

タオルドライはごしごし拭かずに丁寧に

髪の毛を乾かす前にはタオルである程度乾かすことがオススメです。
長い時間ドライヤーを使わなくて済みますし、電気代の節約にもつながるでしょう。

ただ、あくまで水気を取るためにタオルドライをする程度であって完全に乾かそうとしてはいけません。
乾いたタオルでごしごしと髪の毛を乾かせば、髪の毛の表面は傷つきます。

濡れた髪の毛はただでさえ傷つきやすいというのに、自分でごしごしと傷つけるようなことをしても何の得もありません。

ドライヤーばかりに注目して大事なことを忘れない

開放感に包まれながら髪の毛を乾かす瞬間はたまりませんが、ドライヤーの使い方や髪の毛の乾かすスピードにばかり意識がいってしまい丁寧に髪の毛を乾かすことを忘れられている方は少なくないかともいます。

トリートメントやコンディショナーにもきちんと意味があって様々な商品が発売されています。

つややかで綺麗な毛先、さらさらとまとまりのある髪の毛を手に入れるためにヘアケア商品を積極的に活用していきましょう。