髪の毛にトリートメントやコンディショナーは当たり前

トリートメントやコンディショナーは必ずつける

シャンプーを終えた後の髪の毛はいわば裸の状態です。
すっかり身衣をはがされた状態と何ら変わりありませんから、放置するのではあまりにも酷な話。

トリートメントやコンディショナーをつけることは絶対に忘れないでください。

簡単に言えば裸ん坊の髪の毛に、トリートメントやコンディショナーと言ったお洋服を着せていく作業になります。
髪の毛になじませるようにじっくりとつけていきましょう。

この時頭皮にはつけないでください。

頭皮の汚れの原因となってしまい、肌トラブルや髪の毛の虎物につながるからです。

ドライヤーで髪を乾かそう

トリートメントなどの作業が終わり、タオルドライをしたらいよいよドライヤーで乾かしていきます。
ドライヤーのかけ方にもコツがあって、いきなり毛先から乾かしていってはいけません。
まずは頭皮から乾かしていきましょう。

熱風を髪の毛に当てていくわけですが、ぜひ温度を高めにしすぎないようにしていただきたいところになります。

温度が高ければ高いほど早く乾くことには間違いありませんが、髪の毛は一気に痛んでしまいます。
また、ドライヤーだけで乾かすのは全体の8割くらいでOKです。

100パーセント乾かそうとすると、髪の毛に必要な水分まで乾かしてしまい結果として髪の毛を痛める結果につながるからです。

髪の毛をいたわってあげることも忘れないでね

髪の毛を乾かし終えたらこれでシャンプー一連の流れは終了です。
ただ、髪の毛だっていつもいつも健康であるとは限りません。

時には労をねぎらって欲しいというときだってあるでしょう。

乾かし終えた後に頭皮のマッサージをするとか、育毛剤を使うと言ったことも検討されてみてはいかがでしょうか。

綺麗な髪は毎日作っていくモノだから

美髪と呼ばれる綺麗な髪の毛は毎日のケアの中で作っていくものになります。

例え現在の髪の毛の様子がお世辞にも綺麗ではないという状態であったとしても、適切なケアを重ねていけばドンドン綺麗な髪の毛へと近づいていくことでしょう。