頭皮を傷つけると美髪の自己再生は難しくなる

シャンプーは必ず泡立てよう

髪の毛を洗う際にはシャンプーが欠かせません。

ドラッグストアに行けばたくさんの商品が発売されていますが、どれだけシャンプーが発達したとしても使い方が間違っていては永遠に役立ちません。

シャンプーボトルを一回押せば一回分のシャンプーが出てきます。

これをそのまま髪の毛に乗せるのではなく、手のひらの上で水分を含ませながら泡立てていきましょう。

洗顔の際に使う泡立てネットをシャンプー用に購入しておき、それを使って泡立てるのもよいかも知れません。

爪を使うのはNG!頭皮を傷つけないように

美容院で髪の毛を洗ってもらうと大変気持ちいいもので、自宅でもあれを再現したいと思うものです。

「結構力強いイメージがある」という方は多く、爪を立てて洗ってしまいがちですが頭皮にはNGです。

そもそも美容師さんだって爪を立てながら洗っているわけではなく、適切な洗い方を身につけているからこそ気持ちのよい洗いができるのです。

私たちが適切な洗い方を会得することは、大変長い時間がかかるためおすすめできません。
でも手のどこを使って洗うかくらいはまねできます。

美容師さんは指の腹を丹念に使いながら私たちの髪を洗っています。
指の腹は柔らかいですから、頭皮を傷つけることなく柔らかく洗っていくことができるのです。

ごしごし髪の毛を洗わないこと

指の腹を使って洗うということと共に、「髪の毛をごしごしと洗わないこと」もかかせません。
なんだかごしごしやらないと、髪の毛の汚れが落ちないかのように感じますが案外お湯だけで汚れが落ちているためごしごし洗う必要性がないのです。

髪の毛は一度外に出てしまうと自己再生する能力がありませんから、丁寧に扱ってあげましょう。

自分の身体の一つなんだから優しく扱ってあげよう

髪の毛も頭皮も私たちの身体の一つです。
自分の身体を自分で傷つけることなんてお世辞にも趣味がいいこととは言えません。

丁寧に体を取り扱ってあげることにより、綺麗な髪の毛を保ちましょう。
風がさらさらと髪の毛の間を通り抜けていく美しい髪の毛は洗い方次第でいくらでも実現できますよ。